油断すると薄毛になってしまう
年を取ると、体の衰えを感じるようになります。それはとても辛いことですね。
特に、その辛いこととして髪の毛の変化があるのです。
髪の毛は、目に見えて老けることになります。
そのため、なんとかしたいですね。
そんな時には、急によくするというよりも、毎日の手入れが大切と感じます。
その方法について、ご紹介します。

頭皮をマッサージする

薄毛になってしまうのは頭皮が疲れているからなんです。
そのため、その血流が悪くなっている頭皮をマッサージすることによって、髪の毛に栄養分を与えることができます。
マッサージ方法としては、血流がようなるように手の指でしっかりと行います。
ブラシで行う方法もあります。

また、シャンプーをする時など、行ってもいいですね。
私の場合は、ちょっとした時間が空いた時に行うことにしています。
すると、気分も爽快となってとてもいいのです。
気分が良くなって、髪の毛のためにも良いとなるととても嬉しい事ですね。

シャンプーは薄めて使う

シャンプーを使う時、薄めて使うようにしています。
それは、シャンプーの原液だと、頭皮に刺激が強すぎてしまうと思うからです。
そのことから、手の平にシャンプー液を出してお湯で薄めて使うことにしています。
そのようにすると、髪の毛に対して刺激を少なくすることが出来ます。

シャンプーはふんわりさせることが出来るものを厳選

薄毛になると、シャンプーをしても髪の毛がべとつくことがありますね。その結果、髪の毛が薄く見えてしまうことも。
そのため、ふんわりさせることが出来るシャンプーを厳選して購入しています。

しっかりすすぐ

シャンプーをした後に、そのすすぎについても大事です。
それはシャンプー液が残っていると、頭皮にフケが発生する可能性があるからです。
ふけは、頭皮にダメージを与えることになります。
できるだけしっかりと、シャンプーをしたあとはすすぐようにします。

髪の毛はしっかりと乾燥させる

シャンプーをしたあとに、そのままにしていると、髪の毛がぼんやりとなってしまいます。
そのことから、ドライヤーで乾かすことにしています。

育毛剤を使う

そのシャンプーで乾かした髪の毛には、育毛剤を使うことにしています。
その奥毛剤は、できるだけ無添加で刺激の少ないものを使うことにしているのです。

しかし、その育毛剤が効果がないと思った時、色々と検索をしてためして使うこともあります。
そのようにしていると、自分にあった育毛剤を見つけることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です